人を雇う立場になって最近、圧迫面接の意味が

やっとかわってきました。

学生のときは、「圧迫面接なんてただの嫌がらせでしょ」

などと思っていましたが、とんでもない。

そういう危機的立場になったときに

いかに焦らず冷静に自分の能力を行使できるか

を観察してるんですね、きっと。

うちもお客様と接する商売でいそがないといけない

場合も多々あります。

そのようなときに焦らず冷静に、その作業に要する時間と

残り時間を計算し、大変な中でもその環境下で最大限の

能力を発揮できる人材の貴重さをつくづく感じています。。。

自分を焦らせてしまっていつも通りの能力を発揮できない

ことにならないように気をつけないと!と思いました。