6月 2009


今日は横浜青年会議所の車屋さんの友達と晩飯を

食べよう会になったので、これから行ってきます。
社会人になって地元の友達というのはなかなか

できなかったのですが、横浜青年会議所に入って

仕事仲間ではなく”友達”というのができてきたのが

とても楽しいです。

これから電車に乗って秦野まで行ってきます。
もしかしたら九州出張になるかもしれないですが、

どうなるかわかりません。
でも、九州に降り立ったことがないので、そうなったら

楽しみです。

うちの事務所は西向きなんです。

だから、この時間から猛烈に暑くなってきます(> <)
みなさんのところも今日は暑かったですかぁ~?

今、メルマガで運送事業の行政処分について書いています。
行政処分自体は

「なにをしたらどれくらいの処分を受ける」

ということですが、実際、違反を起こしたり、事故を起こしたり

してからの流れは経験してみないとわかりません。

ほとんどの事業者さまはきっとそういうときは初めてでしょうから

あたふたしてしまうのだと思います。
基本的には、違反事項を法令に従って修正するように

会社で頑張って、違反事項が改善されたら、それをそのまま

「改善報告書」として記載して報告すればいいんですね。
しかし、多くの事業者様は

「どうすれば違反じゃなくなるか」

すなわち、なにが正しいことかがわからないのではないでしょうか。
100%違反がナシで事業をしているところはきっと1社も

ないでしょう。

しかし、なにが正しいかを知っている上で違反しているのと

なにも知らないで違反しているのでは、その危険性の度合いが

まったく違ってきますね。
違反をして改善する時は、それはそれでいい機会だと思って

なにが正しいかを勉強して、しっかり改善報告書を書けるように

なっていただければいいな、と思っています。

そういう気持ちがあってのメルマガですので、貨物運送事業社の

安全責任者さまにはぜひ読んで頂きたい、と思っています。

今日実施されたようです。

細かい正否は後日確認しようと思っていますが、

問題数が以前と変わって19問になったと言っていました。

選択だけでなく穴埋めもあるということでした。
ただ、しっかり勉強していれば受かれない試験では

ないですからね~。

もちろん絶対に簡単ではないですが。
当事務所では法令試験のサポートもしています。

困っている場合はお気軽にご相談ください。

Next Page »